びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)

ここでは、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

photo
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋 2013-04-12

海賊とよばれた男 上 海賊とよばれた男 下 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 夢幻花(むげんばな) 永遠の0 (講談社文庫)

by G-Tools , 2013/05/01


面白く読めた。
高校時代の完璧な友情、その無慈悲な終わり、そして心に取り返しの無い傷を負ったまま中年になった主人公。
つまり、いつもの村上ワールドなんだけれど、それでも新しく読めた。
ミステリーのように、謎を解いていく筋立てだからだと思う。

村上春樹は長編の合間にだいたいこれくらいの感じの長さの小説を書くよね。
割と面白いし、長編に比べて読んでる間の気持ちは良いんだけれど、あまり後々の印象に残らない。

この「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、もっとちゃんと物語の最後まで書いて欲しいなと思ったし、もっと禍々しい結末でも良かったような気がするけれど…。

このラスト、どうなんでしょう。
できたばかりの恋人に、あなたは心に問題を抱えているから昔の傷をほじくり返して解決していらっしゃい、じゃなきゃもうセックスしない、と命じられて、言うとおりにやってみた。そして暗く動かしがたい事実が発見された。彼はなんとかその成果を持ち帰る。
ところが肝心の恋人は二股をかけていて、自分が選ばれるかどうかは明日の夜にならなければわからない。
ジ・エンド。

えーっ?!

ここで任せるのー私(読者)にー??

わかりました、考えてみましょう。
そうですね…
物語の流れからすると、多崎つくるが選ばれねばならないですよね。
でも女性として見て、私だったら、多崎つくるは絶対に選ばない!!
いくら年上の女性だといっても、簡単に過去が見透かされてしまうような男の人じゃ面白くない。好みの問題なのかもしれないけど。
というか、多崎つくるが魅力的に見えるようには書かれてないんだもん、この話。そうでしょう~?素敵にしようという気がまったくないでしょう、村上春樹さんに…。駅舎の設計についても、いろいろ書いてるわりにはその核心に迫ってはいないような気がするんだよね、ただ一利用者としての駅というものへの思い入れくらいのものしか伝わってこなくって、多崎つくるを光らせるには至っていないというか。
それに、ツクルって、「る」で終わるじゃん。いつものワタナベノボル系の人物かと思ったし。ねぇ…

というわけで、
「選ばれなかったら今度こそ死ぬ」
という多崎つくるくんは、私のラストでは死んでいる。
そしてきっと恋人が選んだもう一人の男が、友達をレイプしたり殺したりしたのと同一人物だな、村上ワールド的に。きっと。
photo
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋 2013-04-12

海賊とよばれた男 上 海賊とよばれた男 下 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 夢幻花(むげんばな) 永遠の0 (講談社文庫)

by G-Tools , 2013/05/01


関連記事

web拍手

関連タグ : 村上春樹,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/351-ffef6939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。