びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「ダロウェイ夫人」(ヴァージニア・ウルフ/角川文庫)

ここでは、「「ダロウェイ夫人」(ヴァージニア・ウルフ/角川文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:年を取るごとにみずみずしくなる人へ
オススメポイント:頭などくだらないわ、心に比べれば。

ダロウェイ夫人ダロウェイ夫人
ヴァージニア ウルフ Virginia Woolf 富田 彬

角川書店 2003-04
売り上げランキング : 16,483
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クラリッサ。それは初めて読んだ17の年から、美しいひとの名前だ。
いつ読んでも、時の流れに色褪せぬ瑞々しさに目を瞠る。
昔の恋人ピーター・ウォルシュが突然訪ねてきて、あてつけ半分に自分は今ある女に恋をしている、と告げた再会のシーン。
クラリッサは彼の偽悪的な口調を観察しながら、相手の女のことを悪い女だと想像しながら、彼が未だに若いときのナイフをいじる癖を持っているのに苛立ちながら、「でも、このひとは恋をしている」「このひとは恋をしている」と繰り返し繰り返し感じる。あの永遠の若さのあえぎ、柔らかな風にほんのすこしずつ乳房を摘み取られていくよな狂おしさ。

舞台はロンドン、ビッグ・ベンの聞こえる範囲。時代は第一次大戦終結直後。登場する人々は、幼馴染のヒュー、昔憧れた女友達サリー・シートン、夫リチャード、娘エリザベス、自殺してしまうセプティマスと気の毒な妻ルチア、そしてもちろん植民地インドから帰って来たピーター・ウォルシュ。有力な人々、無力な人々。ペンは風のように鐘の音のようにロンドンの町を飛び響き、人々の感じるままを言葉に変えていく。この小説の主人公は流れゆき二度と返ることのない時間かもしれない。その時間の中で、人はなんて、様々に物思うのだろう。
ピーター・ウォルシュはクラリッサは老けたな、と思う。ピーター・ウォルシュはクラリッサは俗物だ、と思う。ピーター・ウォルシュはクラリッサは薄情だ、と思う。会いたくないと思う。二度と会うまいと思う。会いたいと思う。会いたい、会いたい。

目を見張るほど完璧な終盤、こんなに好きなラストシーンは他にない。
ダロウェイ家のパーティーで、ピーターは女主人クラリッサが自分のところに話しに来てくれるのをずっと待っている。昔馴染みサリー・シートンと語らいながら。彼らは、離れ離れでいた日々が自分たちの人生観をどのように揺るがしたかについて話す。
サリー・シートンは言う、感ずることだけが言う価値のあることだと思うようになったと。「利口さは馬鹿げてるわ。人は感じるままを言わなければならないのよ」。
ピーターはサリー・シートンに打ち明ける。自分には、自分の感ずるところがわからないのだと。人生は単純なものとは思えないと。「クラリッサとの関係は単純なものではなかったんです。それは僕の一生を台なしにした。二度と恋はできません」。
それでもピーターはこうも言うのだ。若いときにはあまり興奮しすぎて、ひとを知ることができないけれど、年をとって、成熟すると、観察することができ、理解することができ、しかも感ずる力を失わずにいる、悲しいかな。しかし人はそれを喜ぶべきなのだと。
私はある狂気が自分の身のうちにあることを知って震えてしまう。それはある日ヴァージニア・ウルフを水底へ連れ去った狂気だ。年を増すごとに感じることが増え、人生などこの一瞬一瞬に感じるままでしかないことを刻々と思い知りながら、いつか死んで消滅するしかない私達。美しくて無意味な、いとおしくて役に立たない、私達の人生。それを稀代の鋭敏な感性によって見つめつづけた天才ヴァージニア・ウルフの苦しみはいかばかりだったろう。ほんとうに、どんなに、どんなに、辛かっただろう。

そしてサリーが立ち去った後、あの決定的な瞬間が訪れる。
時間のなかで千々に乱れる特別な誰かへの思いがひとつの閃光となって、いつも賢くあることなどできない愚かな私に落雷する。私は深く頭を垂れてそれを受けるしかない。憎く思い信じきることが出来ず後悔し足摺し忘れようとあがいた、その感じた思いの一つ一つが突如臨界点を超え、その存在に深く雪崩れ込むのだ。美しいから、善良だから、立派だから愛したのではない、ただその深い存在そのものを絶望的に愛してる。

「僕も行きます」とピーターは言ったが、しばらくそのまま腰かけていた。この恐怖はなんだ?この有頂天はなんだ?と彼は心に思った。ただならぬ興奮でおれの全身をみたすものは、何者だ?
クラリッサだ、と彼は言った。
なぜなら、クラリッサがそこにいた。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


関連記事
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
原作気になってたものの、そのままで。。
読んでみたくなりました。
2006/01/15(日) 00:00 | URL | pretty_kitten #-[ 編集]
ダロウェイ夫人(というよりもヴァージニア・ウルフ)は、人によってすごく読みにくいという人がいるようです。
私はこんな読みやすい人他にいないくらいなんだけど。
だからちょっと冒頭だけでも読まれてから購入されるほうがいいかもしれない。
気に入ってくださることを祈りつつ。
読まれたら感想を聞かせてくださいね!!
2006/01/15(日) 03:30 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
あにょさん、はじめまして。
拙ブログにTBありがとうございました。お目に留まって光栄です。

「ダロウェイ夫人」、未読なのですが(というかV.ウルフの作品はまったく読んだことがなくて)、映画の方の感想は前に書いてたので、そちらもさっきアップしました、よろしければご覧くださいね。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2006/01/30(月) 06:29 | URL | びあんこ #w4Ib0zSU[ 編集]
今、読ませていただきました。
自分の居場所できちんと生きる、とは本当に難しいことですよね。
居場所、も、きちんと、も、自分で見つけなければならないとしたら、一生かかるかもしれないですね。
小説のダロウェイ夫人は自分の人生の選択(結婚)が正しかったことをそれはきちんと確信しています。
なのに夫と結婚した理由や夫の魅力よりも、結婚しなかったピーターとの心の交流についてひたすら書かれてるんです。情熱は否定することでしか永遠に手に入らない、そんな激しい諦めを語るように。
そんな生き方に、自分の居場所って、あるんでしょうか。
なぜ、どうせ死ぬのであれば情熱を生きないのでしょう?それによって美しかった情熱が陳腐化したとしても、生きなかった情熱に意味などあるのでしょうか。
そう思うと、胸が詰まります。

またいらしてください。
2006/01/31(火) 00:43 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
 あにょさま、初めまして。トラックバックしてくださり、ありがとうございました。
 『めぐりあう時間たち』の前に『ダロウェイ夫人』を読まなかったことを、自分でもかなり反省していたのですが、あにょさまの記事を拝読してその思いを強くしました。ヴァージニア・ウルフは『オーランドー』しか読んだことがないのです。この春にでも挑戦してみますね。
 それでは、また寄らせていただきますね。
2006/01/31(火) 20:36 | URL | 廣瀬マオ #a7ZwVlwA[ 編集]
いらっしゃいませ。
あ、私、オーランドーを読んだことがないんですよ~。波、と灯台へ、は読んでるんですが。
私もオーランドーを読んでみようと思います。
読み終えられたらまたいらしてください!!
2006/02/01(水) 02:19 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
トラありがとうございました
原作に関してはほとんど知識ナシだったのですが、
読んでみたいと思いました
2006/03/11(土) 12:08 | URL | じゅりあん&まのん #GCA3nAmE[ 編集]
コメントありがとうございます。
ぜひ読んでみてください。

今、「灯台へ」と「波」のどちらをレビュー書こうか迷っているところです
またいらしてくださいね。
2006/03/12(日) 10:54 | URL | あにょ #p78K64pI[ 編集]
TBありがとうございました。
映画を見ても思いましたが、あにょさんのブログを拝見して余計に原作が読みたくなりました。

なんか感謝です★

本の紹介が沢山ですね。本の選択に迷ったらまたお邪魔させてもらうと思います(^-^)
2006/03/13(月) 20:13 | URL | ヨメ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
ウルフがたくさんの人に読まれると嬉しいです。
ぜひまたいらしてくださいね。
2006/03/13(月) 22:04 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
あにょさんの書評、本当に興味深く読ませていただきました。「ダロウェイ夫人」はまだ読んでいないので、早速読んでみたいと思います。他の本の記事もとても面白く、クリックたくさんしてしまいました。(同じ日にしても意味ないですか?)デュラスは昔とても好きだったので「愛人」の書評も興味深かったです。私ももう1度読み直してみようかな、と思います。
2006/03/14(火) 13:46 | URL | ひより #Gwtee.Kk[ 編集]
コメントありがとうございます
また、たくさんクリックしていただいたとのこと、うれしいです。はげみにさせていただきます。
ここに載っている本、載せていない本、お読みになったらぜひおしらせください。
またお願いします
2006/03/19(日) 01:10 | URL | あにょ #YdDkysYI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/39-24d5d719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
めぐりあう時間たちこの作品は一度観ただけでは、何とも感想が言いにくい。監督自身も言われていたが、幾度となく再鑑賞していくなかで、その都度感じるシーンが変化するのだとか。まずは初めて観終わった私は、その後もずっとこの映画のことが頭をかすめるほどに、後を引く
2006/01/14(土) | UkiUkiれいんぼーデイ
監督:スティーヴン・ダルドリー 主演: ニコール・キッドマン出演:ジュリアン・ムーア 、メリル・ストリープ  ほか「めぐりあう時間たち」公開時に観たけど再び。3つの時代、3つの場所。それぞれの異なる人生の中で、苦悩を抱える3人の女性たちの物語。3つのお話が平行し
2006/01/14(土) | えいがの感想文
めぐりあう時間たち監督:ステーヴン・ダルドリー出演:ニコール・キッドマン , ジュリアン・ムーア , メリル・ストリープ , エド・ハリスStoryM・カニンガムのベストセラー小説を、S・ダルドリーが、N・キッドマン、J・ムーア他、豪快女優陣
2006/01/18(水) | 空飛ぶさかな文芸部
注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。めぐりあう時間たち角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る『めぐりあう時間たち』【 THE HOURS 】(2002年 アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ニコール・キッ
2006/03/11(土) | きょうの子牛
「めぐりあう時間たち」 2002年 アメリカ 監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ 【内容】 ・「ダロウェイ夫人」の作家ヴァージニア・ウルフは、まさに「ダロウェイ夫人」を書き始めていた。そこへ、パー
2006/03/13(月) | 大きな栗の木の下で
???????? ?? ? 幼い思い出の冬の日。? まっすぐ海に向かって橋を二つ越えると北から鳥が渡ってくる大きな池があった。? その池をかこむ葦の茂み。? 石の上に板を渡しただけの秘密の場所で私たちはよく遊んだ。? 細い指で
2006/03/14(火) | ひより軒・恋愛茶漬け

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。