びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「人生の短さについて」(セネカ/岩波文庫)

ここでは、「「人生の短さについて」(セネカ/岩波文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆★★★
オススメ対象:頭髪の残りが気に掛かったら
オススメポイント:紀元前のバーコード

人生の短さについて 他二篇人生の短さについて 他二篇
セネカ Lucius Annaeus Seneca 茂手木 元蔵

岩波書店 1980-11
売り上げランキング : 13,600
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ねえ死んだらどうなるの?」
子供の頃そう聞くと父は
「何もなくなるんだよ」
と答えた。
しばらくの間、父はなぜあんな心無いことを言ったのだろうと、私は考えていた。子供に教えるにはあまりに身勝手な正しさに思えたから。そうだ、子供に教えるとしたら、星になるとか、きれいなお花畑のあるばしょでおばあちゃんに会えるとか、そういうことを言うのがまともじゃないか?
でも今にして思えば、誰よりも父自身が「何もなくなる」ことを恐れていたのだろう。その理不尽さへの恐れは、彼自身にもどうにもならないほど深かったに違いない。その魂の震えが、その瞬間に、娘に継承されたから。そのとき、私たちの背骨は一列に繋がったから。
その日から、私はその解けることのない謎を抱えている。そしてきっとわが子にもそれを引き継いでしまうのだろう。
さておき、父はその代償というか、代替機能として、私にひとつのレトリックを与えた。それはたぶんギリシャかローマ時代の古いレトリックだったと思う。
「目的地までの残りの距離を二等分し、つねに1/2しか進まないよういすれば永遠に目的地まではたどり着かない」
確かに新宿を目指して大門を出発し、まず青山一丁目まで、次は千駄ヶ谷、ここから信号いくつとか、何歩とか、何センチとか、数学的には夢幻に1/2できるわけだから、永遠に新宿に辿りつかない。
それを父は死を恐れる私に、人生に当てはめてみせて与えたのだった。
レトリックにごまかされるのはたいてい大人であって、子供の直感はその滑稽さを見破っている。私もそれが時間という否応ないものにあてはめるのは無理だということは嗅ぎつけていて、「1/2だけ進むなんてことができるもんか」ということは知っていたのだが、それでもそのレトリックは私を救ってくれた。
死んだら何もなくなる、そのシンプルさから、私の目をそらしてくれた。今でも私はそのレトリックに時折すがっているのだ。

セネカの「人生の短さについて」は、限りある人生を世俗を離れ隠遁し正しい生き方をすることによって永遠に変えることができる、と説いている。求めているのは永遠に終わらない生であることが中国の老荘思想などに比してもそのあがきたるやなんとも幼稚に思われる。そこで私は思い出す、父の教えてくれた、1/2のレトリックを。
「まず半分にするんだ、そして半分だけ進むんだ、そしてまた半分にする。ずうっと半分にできるんだから、何もなくなったりはしないんだよ。」
私の背骨は父を通ってはるかはるか紀元前にまでさかのぼり、ずっととけることのない謎を受け継いでいる。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング



web拍手

くっだらないんだけど、この本たびたび髪の毛のことについて触れているのがすごく笑える。
上司兼仲良し友Kはいっしょに歩いていると見知らぬOLたちに凝視されしかもそのシャンペンシャワーのような視線にまったく気付いていない見目麗しい男だ。まったく、容姿に恵まれる人生ってこんなすごいの?ってあきれてものも言えない。
そんな彼が心配しているのが禿げること。アデランスのヘアエステについて調べろと言われて資料請求したこともあるし、資料には料金体系が記していなかったので電話までして各種コースについて問い合わせた。歯の脱色について調べろとか、二人で歩いてるってシチュエーションで大きいおならするし、お尻のポケットにパンパンにもの入れるしさ。時々油断して視線をパンするとやっぱりキレイなのでそのギャップにびっくりしちゃうんだけど、ほんとこの人、三十越えた男が髪の毛のこと大真面目で心配するなんて、セクシーじゃないよなぁ。
でも、セネカの著書でも、人生におけるくだらないむだなこと、として「薄くなった毛をあちこちから、おでこになで付けたり」と書いている(バーコード?!)のを見ると、人っていうのは紀元前4世紀にも今と全く変わらないことに憂き身をやつしていたのねーと感心することしきりだ。死についてであれ、禿についてであれ。進歩ねえなぁ。。
関連記事

関連タグ : セネカ, 人生, 哲学,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/46-6a805f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。