びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「イッセー尾形のナマ本(巻壱)深夜生活編」(イッセー尾形+森田雄三/小学館文庫)

ここでは、「「イッセー尾形のナマ本(巻壱)深夜生活編」(イッセー尾形+森田雄三/小学館文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆★★
オススメ対象:イッセー尾形ファン・舞台を見たことがある人
オススメポイント:逆に役者としての魅力を思い知る
イッセー尾形のナマ本〈巻1〉深夜生活編イッセー尾形のナマ本〈巻1〉深夜生活編
森田 雄三 イッセー尾形

小学館 1997-12
売り上げランキング : 217,763
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


男性の仕草でもっとも色っぽいのは、カフスを留めるときではないか。
イッセー尾形の舞台を見て、そう思ったことがある。
イッセー尾形が舞台袖に着替えやメイク道具を用意し、楽屋を素通しに見せる演出をすることは有名だ。彼の体はそれなりに腰の皮がだぶついたりしてゆるくはなっているのだけれど、やはり舞台人のストイックな肉体で、動作のいちいちが美しく、着替えも化粧もショーの一部だ。
男はワイシャツの袖のボタンを留める時、顎をぐっと首にひきつける。胸の前で片方の手首のボタンをつまむ指先、つままれる手首の先の所在なげに緊張した手、輪郭に沿っていく筋か刻まれる皺、結ばれた唇、ぎりぎりに伏せてボタンを見詰める目。堅い頬の丘ごしに投げられる視線は残照のようにかろうじてボタンを捉える。男がカフスを留める、それは何かが終わり始まる境界。

先月北千住で行われた「イッセー尾形 太宰治を読む!書く!創る!」公演を見た際に、ロビーで関連グッズとして売られていた中から本を数冊購入した。しばらく待てばご本人がサインしてくださるとのことだったが至近距離でペンを握るような日常じみた所作を眺めるには舞台の熱が焼き付きすぎていたので(そして北千住という地の果てのごとき地名にもびびって)帰路を急いでしまった。
巻壱はイッセー尾形の代名詞ともいえるバーテン(CMで使われたこともあった)のネタをいくつか収録している。
これが読むと実にしょぼくれた話しである。
あれあれ、こんな淋しい話しだったのかな、とびっくりする。
あんなに楽しくて愉快でかっこいい、ときどきにかっと笑うと愛くるしいあのバーテン、実はこんなに裏路地のちっぽけな男だったのかな。
まあこの男、普通に女としては好意を持たれても良くて困惑、悪くて鼻で笑うだけの男なのである。小さいことを自慢するわ、ひまをもてあまして酔っ払いのごとく従業員に絡むわ、親戚があつまれば喧嘩するわ、ホステスとくっつくわ。

それをあれだけかっこよく存在させてしまう。舞台の上のイッセー尾形は確かにこの、バーテンだ。と同時にどんな格式高いホテルのバーにだって、このバーテンはもったいない。
イッセー尾形は、舞台は、凄い。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


イッセー尾形のナマ本 (巻2)イッセー尾形のナマ本 (巻2)
イッセー尾形 森田 雄三

小学館 1998-04
売り上げランキング : 196,809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イッセー尾形のナマ本〈巻3〉幸せ家族編イッセー尾形のナマ本〈巻3〉幸せ家族編
イッセー尾形 森田 雄三

小学館 1998-09
売り上げランキング : 351,323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イッセー尾形のナマ本〈巻4〉建築現場編イッセー尾形のナマ本〈巻4〉建築現場編
イッセー尾形 森田 雄三

小学館 1999-03
売り上げランキング : 310,596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


web拍手

「イッセー尾形 太宰治を読む!書く!創る!」については、舞台を見て太宰治のレビューを書きたいという気持ちが湧いたので、後日触れられるかもしれない。
関連記事

関連タグ : イッセー尾形, 戯曲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/47-1b4af55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。