びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「はじめの哲学」(三好由紀彦/ちくまプリマー新書)

ここでは、「「はじめの哲学」(三好由紀彦/ちくまプリマー新書)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆★★
オススメ対象:広く老若男女。
オススメポイント:人間に生まれたからには哲学しなきゃ!
はじめの哲学はじめの哲学
三好 由紀彦

筑摩書房 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


哲学・科学・宗教はかつて一つのものだった。
それは唯一の学問であり、政治そのものだった。
しかし文明の発達がそれぞれを別々のものにしてしまった。
科学だけが爆発的に発展したのだ。
この本は哲学の基本的な命題を有名な哲学書の引用、平明な文章、すばらしい順序による構成、わかりやすいたとえによって解説している。
中でも面白かったのは現代科学への哲学的なアプローチである。現代に気分としてはびこっている勘違い、素粒子やビック・バン、遺伝子など、これまで科学が解明してきたさまざまな事実こそ、この世界の成り立ちを説明してくれる究極の真理だとという大きな思い込みに対しての疑問は読んで納得のいくものだ。

子供時代に科学の発展について教えらた私は、全てが科学によって解決されたのだという錯覚を植え込まれた。頭でっかちの、小さな体に。人間の平均寿命はこの数百年の間に画期的に伸ばされ、数多くのワクチンが開発され、レーザーや放射線による治療は日々洗練されていく。子供心に死というものを非常に恐れていた私は科学の強大な力に大いに期待を寄せた。死などというものは単に時代遅れで無粋な「過去の過ちに過ぎず」、もはやそんな下らないミスをおかすものはいないのだ、と。
少なくとも、と私は思った。私が死ぬまでの何十年のあいだ、もしくは年をとったりしはじめるまでの十何年のあいだ、それくらいの時間の間に、何か解決策がみつかるに違いない、人類はその一歩手前にいるのだ、と。

けれどもちろん、人は死ぬ。
自分が不死身でないことを思い知ったのはいつのことだったか。自分が老いていくことを思い知ったのはいつのことだったか。それは不思議と病気や怪我や危険とは無関係な、たぶんただ単に夕暮れの眺め春の終わりの庭の風景、そんな瞬間に降りてきた感覚だったように思う。
寿命が延びることと、不死とはまったく違うものだ。寿命が一日、一ヶ月、いや、一年延びたとしても、我々は全く不死には接近していないのだ。それは全く別のことなのだ。


私たちにできることといえば、せいぜい世界の一部分に適用する真理、すんわち幾何学や生理学、あるいは物理学などから得られた「とりあえずの根っこ」を見つけながら、日々の生活を少しでも楽なものにしていくぐらいのことでしかないのでしょうか。

この一節に大きく頷く。

また、宗教がおしなべて死後に世界があることを前提としているのを否定する形で科学があるというのは間違いで、科学もまた、死後に世界が存在するということを前提として発展してきた、という論は面白い。
しかしまだ未完成で考えられきれていないという匂いがする。この場合の死後に存在する世界というのは、この現世が我々個人の死後にも存続するということであり、(確かに科学はその前提のもとになりたっている)そんなことは宗教が生まれるよりはるかまえから皆知っていたことなのだから。
このあたりからさらに推し進めて考えてみようじゃないか。自分たちで。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


関連記事

web拍手

関連タグ : 三好由紀彦, 哲学,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/51-22bd968a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。