びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「あなたに不利な証拠として」(ローリー・リン・ドラモンド/早川書房)

ここでは、「「あなたに不利な証拠として」(ローリー・リン・ドラモンド/早川書房)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆★★★
オススメポイント:制服女性警官
あなたに不利な証拠としてあなたに不利な証拠として
ローリー・リン ドラモンド Laurie Lynn Drummond 駒月 雅子

早川書房 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出だしが「これは本当にあったことだ。」なので、ドキュメンタリーだと思い込んでいた。が、ミステリー。同じ警察署に勤める数人の女性警官のオムニバスの短編集。もの珍しいので、一冊読むには良い題材だと思う。全体にスピリチュアルワールドへの傾倒が見られるが、がまんできる程度。
作家本人が警官出身とのこと。美しい女性警官と犯行現場の残虐さグロテスクさとの取り合わせが主な魅力。受賞作という「傷跡」はフォーカスがわからず惹かれなかったが、「キャサリンの挽歌」は女として身につまされる。
4ページにわたる謝辞を読むと、この人ほんとにこんなに多くの人々の助けで書いてるのだったら作者を名乗るべきではないのでは?!という気も。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
小生のコメントはいささか褒めすぎだったかな。

だだいままでの警察小説にはなかった独特の緊張感があって惹きこまれました。

最近スパムがひどくてガードを堅くしていましたので返事が遅れましたすみませんでした。
2006/07/09(日) 17:46 | URL | よっちゃん #vXeIqmFk[ 編集]
TBありがとうございます。
確かに謝辞は多かったけれども・・その題材を消化し、作品にするのが小説家というものなのでは?
私は「律儀な人だなあ~」と思いました(爆)
2006/07/09(日) 20:28 | URL | ERI #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
この本を褒められるのは納得です。
私の思い込みから
ドキュメンタリー?→推理小説?→警察小説ってものか~
となりました。
全体を覆っている「なぜとはいえないけどどうしても世の中はよくならない気がしてならない」っていう宿命めいた雰囲気が、アメリカにしかない暗さのように感じて(ギルモアの”心臓を貫かれて”などで感じます)魅力的だと思うんです。
でもその解決としてスピリチュアルに行っちゃうと、今後小説として深くなれないような予感がしたりもして。
同じ作家の他の作品も読んでみたいです。
2006/07/13(木) 11:59 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
コメントありがとうございます。
確かにおっしゃるとおり、律儀ですよね。
処女作だから、今までお世話になった人が皆かかれているんでしょうね。
その中のいくらかはあの小説の世界の誰かのモデルになってたりするのかな、とも想像します☆
2006/07/13(木) 12:03 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/57-50bf558b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
著者:ローリー・リン・ドラモンド 訳:駒月 雅子 『あなたに不利な証拠として』 (ハヤカワポケットミステリ) ルイジサナ州のバトンルージュ署に勤務する5人の女性警官たち。警官として直面する事態は、それぞれの生き方に大きな影を与えている・・・。
2006/07/09(日) | 固ゆで卵で行こう!
著者は警察官の経験があると訳者あとがきで紹介されているが、これはまさしく警察小説である。ただし、かなり異色だ。五人の女性警察官が一人称で語る短編集だが、事件そのものの不可解性よりも人間性に共通して潜むマイナスベクトルを丹念に時には残酷に切り開いてみせる。
2006/07/09(日) | 日記風雑読書きなぐり
あなたに不利な証拠として早川書房このアイテムの詳細を見る内容(「BOOK」データベースより)警官を志望する若きキャシーがマージョリーと出会ったとき、彼女の胸にはステーキナイフが深々と突き刺さっていた。何者かが彼女を刺し、レイプしたのだ。怯え、傷ついた彼女を慰
2006/07/09(日) | テレビ画面の独り言・・・
なんとも、久しぶりにがっつり読み応えのあるミステリーでした。いい、という評判は聞いていたんですが、ちょっと予想を超えた。これは嬉しいことです。
2006/07/09(日) | おいしい本箱Diary
あなたに不利な証拠としてローリー・リン・ドラモンド早川書房 2006-02警官を志望する若きキャシーがマージョリーと出会ったとき、彼女の胸にはステーキナイフが深々と突き刺さっていた。何者かが彼女を刺しレイプしたのだ
2006/07/09(日) | 異邦の偏読家

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。