びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「白痴」(ドストエフスキー/新潮社)

ここでは、「「白痴」(ドストエフスキー/新潮社)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメポイント:ゴシックホラー
白痴 (上巻)
白痴 (上巻)ドストエフスキー

おすすめ平均
starsドラマティックな内的悲劇
stars初ドストエフスキーでREVIEWを書くのもおこがましいのですが、、、
stars胸に迫る。
starsふたつの問題提起
starsドストエフスキーは好きです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「白痴」の七割は恋物語。残りはホラーだ。
と自信満々で言い切っておきながらなんだが、私はいつだってドストエフスキーが意図したのとは全く別のことにこころ魅了され深く感銘を受けているのだからあまりあてにしてはいけない。

「白痴」というほとんど文学の世界でしか使われず、差別的な意味からかIMEの変換候補にも出てこない言葉をタイトルに冠すると、自然どうにも難しい内容の、日常からかけ離れた世界が書かれた小説という気がするが、そんなことはちっともないのだ。
原題はバカという意味だそうだから、そのまま「バカ」というタイトルに訳せばもっと爆発的に売れるだろう。(「ドストエフスキーで何か読んで来い」と宿題を出された高校生はこぞってAmazonの検索一覧からこの本を選ぶことだろう。)でもそのタイトルにしても思っていた内容とちがったという苦情が噴出するに違いない。
この物語において白痴とは主人公ムイシュキン公爵だが、彼は馬鹿ではないからだ。
彼はまれに見る子供っぽく世間知らずで善良な男だ。重いてんかんを抱えていたために生い立ちに暗い時期があるが、彼を知るものは誰でも、彼を好きにならないわけにいかない。

しきりと繰り返される子供というモチーフは、子供に対してだけでなく、さまざまな人々に対してしつこく使われる。誰もが子供なのだ。そしてその繰り返しの中で子供っぽさは人間のある美点として確立されていく。誰もが笑い馬鹿にしながら愛してきた、いわば語るに足ると思われていなかったそんなものをまごうかたなき美点として捉えることは、あまりに独特で風変わりなので、そんなやり方でしか形にすることができない。

ドラマの見事さと深い人間洞察のために、恋物語としてホラーとしての展開に固唾を飲むのだけれど、美・純潔といった古いテーマを扱いながら語られたことのない新しいものを短絡的な形容などに飽き足らずドラマの中での繰り返しという形式を駆使して具現化していく試みは交響曲の構造に似ていて、終わったあとに余韻を残す。

子供と呼ばれた人々の末路は伝説めいているが決して華々しくも輝かしくもなく、かかっているのは祝福ではなく呪いだ。

ドストエフスキーの純潔と善良と精神の危うさはとても近いところにある。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


白痴 (下巻)
白痴 (下巻)ドストエフスキー

おすすめ平均
stars突き抜けた天邪鬼
starsいやいいですよ
stars文豪は「美しい人」を造形したのではない
stars「愛する」という生き方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/11(日) 20:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/66-ccc91aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
白痴 (上巻)新潮社このアイテムの詳細を見る白痴 (下巻)新潮社このアイテムの詳細を見るやっと読み終わる。ドストエフスキイの世界は、一種離れがたい温度があって、読み終わってしまうと心寂しい感じになる。もっと世界に浸っていたい・・・で「白痴」ドストエフスキーが「
2006/08/03(木) | Mani_Mani

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。